RECRUIT

採用情報

 採用情報トップへ

運用管理部
第1グループ

井上 量之

RYOUSHI INOUE

未経験でも、努力と経験でどこまででも成長できる。

成果を体感できるからシステムはおもしろい

アワードシステムに入社してもうすぐ一年。現在はスーパーマーケットやレストランに向けてサービスを展開する企業に常駐し、システムエンジニアとしてWEBアプリケーションの開発に携わっています。プロジェクトには後から参加したため、システムをゼロから作るのではなく、機能の追加やアップデートが主な業務。自分が書いたプログラムによって、情報の処理速度が格段に上がったり、より使い勝手のいいサービスになるわけですから、成果を一つひとつしっかり実感できるんです。プログラムが正しいと素直に動き、間違っていると動かない。この正解を突き詰めていく過程がおもしろく、ひと段落すると次、また次と、新しい開発にチャレンジしたくなるんです。いまはまだ先輩たちに技術も知識も敵いませんが、いずれは1人でも現場で活躍できる技術者になってみせます。

 

研修から現場まで、一貫した教育システムで成長させる

じつは転職するまでは、まったく畑違いの仕事に就いていました。昔からITの分野には興味があり、基本情報技術者の資格は持っていたものの、現場経験はまったくない初心者。入社直後は、こんな状態で仕事が務まるのか、ずいぶん不安でした。しかし入社してすぐの一カ月間、社会人マナーとJAVAプログラミングをみっちりと勉強させてもらえたんです。JAVAの研修では基礎の基礎を叩き込まれ、独学では叶わない速度で技術が身についていくのが、自分でもよく分かりました。その後は先輩たちの指導の元、実際の業務のなかで技術を習得。アワードシステムの強みは、この「研修+OJT」の流れがしっかりできている点にあると感じています。この教育システムのおかげで、新人がスムーズに、自信を持って現場に入っていけるんですよ。一年弱でここまで仕事ができるようになるとは、正直言って、私自身も思っていませんでした。

 

技術も知識もゼロから積み重ねていけばいい

システムエンジニアに向いているのは、目の前の課題に対してじっくり取り組める姿勢を持つ人。機械が相手ですから、原因すら分からず、何をやってもうまくいかないときも多々あります。しかしそこで簡単に投げ出さず、試行錯誤を繰り返し、正しい答えにたどり着くよう努力することが大切。その姿勢さえあれば、未経験だろうが、文系だろうが問題ありません。またコミュニケーション能力について心配している人もいるかもしれませんが、私自身、この仕事を始めるまで、会話が得意ではありませんでした。しかしお客様や先輩と日々接し、「もっと伝えたい」「もっと聞きたい」という状況をたくさん経験するうちに、自然と会話がはずむようになっていったんです。つまり技術も、知識も、コミュニケーション能力も、すべて後からついてくる。単純な興味や、ITを通じて人の役に立ちたいといった想いさえあれば、ゼロからでも驚くほど大きく成長できる世界だと思います。

募集要項

先輩社員紹介

INTRODUCTION

ページの先頭へ